ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

アンパンマン

c0132571_10534684.jpg

写真は桜島ですが、浅間山も噴煙が上がっているようですね・・・

慣れ
とは必要です。

でも、マンネリというものと紙一重かもしれません・・

物事を予測し、どんな状況もある程度心構えと準備をしていくコトは経営においてもっとも必要な事項ではないかと想う今日この頃。。


10年ほど前になりますがSRS研究所という東大の栗田教授が開催している速読法に参加したコトがあります。

ここは、雑誌の中抜きなどで紹介している種のものとは違い、医学的に、科学的に、、そして多角的に研究した栗田教授自身が開催してる講習なのです。

東京でしか開かれないため、地方からの人向けに1泊研修なるものがあり、朝から晩まで缶詰状態で講習を受けた記憶があります。

それを受けようと想ったきっかけは・・

頭はいいが、頭がとっても堅い。。
例えて言うならば、自分自身が9割くらい把握出来るコト、理解出来ることじゃなきゃ絶対に踏み込まない・・そんな友人がいたのですが、ある日を境にガラッと変わる・・


『今の会社を辞めて、グリーンカードを取得し、、アメリカで働く!!』


いやいや・・
そんなコト言うキャラじゃないでしょ!!!
みたいな・・

そのきっかけを創ったのが、実はSRSだったんです。。
いやね、何か宗教じみている訳じゃないんですが、僕の一番の感想は・・・


モノごとを多角的に見ること・・
自分の教養を深め言葉の意味合いを知らなきゃ速読は出来ないこと・・・

大きくこの2つを学んだんです♪
これってね、実は人生においても同じなんじゃないかな・・ってコト。


知っている語句が沢山ある本を読むのは、結構容易いものです。
でもね、全然自分が知らない専門用語ばっかりでてくるような医学書を読めって言われたら、、意味解んないし、、、面白くねぇーし・・・みたいな。。

それでもその分野のプロから見たら、はぁ〜って感心させられ、医学への観念が変わるくらいの代物かも知れない訳ですよ。。


っつうことはね・・

自分の人生とか、仕事において言うなら、、その属している関連のコトくらいはしっかり教養として身に付けとけ!って話な訳ですよ。


同じこの美容業界でも、アシスタント⇒スタイリスト⇒店長・・・て時と経験とともに変化する訳ですが、その時その時に学ぶべきことを学ばなきゃダメなんです。

んで

経営って分野に立ち入ろうものなら、この業界とかうんぬん抜かしているようじゃダメなんです・・きっと・・・


何事も継続は力なりと言いますが、やると決めたコトは、どんな状況であろうとそれに突き進む勇気と、努力と、、リンリンリン・・ってアンパンマン見たくならなきゃダメなのかも。。。


カラダだけアンパンマンになりつつある僕は、ちょっと気を引き締め、、まずは食パンマンでも目指して頑張るのです♪
[PR]
by kojiro_okinawa | 2009-02-04 08:54 | ひとりごと・・