ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

全ては自然の中に

c0132571_2030296.jpg

沖縄に帰って来ました♪
まだ梅雨入りしていないみたいですが、それに相応しい湿気が出迎えてくれている感じ・・・


さて、親父の言い放った一言・・
『料理の盛りつけや、ファッションなどの色合い・・その他もろもろの全ての答えは、自然の中にあるように想う』

おぉっと、ふかい、、深いです。。

自然界の中に存在する【寄生と自生】
写真にある杉の木に生えている苔は、寄生ではなく自生。
寄生とは、写真で言うなら「杉の木」から栄養を取ってしまうコトをさす。

自生とは、「杉の木」には何ら影響を及ぼさず、、「苔」自身の生命力で生きている。
いわゆる【共生】と言うことになるのだろう。


この類いって言うのは、実社会で起こっているコトそのものだと想う・・・


社会で言えば、何も努力せずとも取引先や、関連の会社の頑張りのおかげだけで成り立ってしまう商売。
これは言わずもがな「自生」ではなく、『寄生』として存在し、、相手方の状況で良くも悪くも左右されてしまうのだろう。

で、会社で考えても同じ・・
ただ属すだけで、「自生」出来ていなければ会社に「寄生」する以外方法が無い。


社会に属す会社としても、会社に属す社員であっても、「寄生」しているだけであれば、、この不況時には真っ先に不必要とされ支持されなくなる。
逆も然りで、どんな時代が訪れようと「自生」している以上『共存』していくに十分な理由となるのだろう。


見方を変えれば、異業界に大きな資金にモノを言わせて、ひっちゃかめっちゃかにしてしまうのも、、もしかしたら「寄生」の類いになってしまうのかもしれない・・・


まっ、どちらにしても自然界には「自立」し「共存」すべきお手本があるのかもしれない。。
親父の放った一言で、違った見方が出来るものです。。。


う〜ん・・
恐るべし♪
[PR]
by kojiro_okinawa | 2009-05-13 20:45 | ひとりごと・・