ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

追うか追われるか

c0132571_17102983.jpg

その昔、店舗を統括していたマネージャー時代にヘッドハンティングをされたコトがあった。当時25歳だったと記憶しているけど、提示された給与は月給100万円。その頃の僕の給与は総支給で25万くらいだったと記憶している。

結論から言うと、断らせて貰った。
給与が4倍に跳ね上がるのは当然魅力的だったし、仕事ももっとやりがいを持って取組めるんじゃないかな・・なんて淡い気持ちも抱かなかった訳じゃない。それでもその話に心揺らされること無く、お断りする決断が出来たのは、今でもヨカッタと想っている。

声を掛けてくれた会社が悪いワケでも何でも無い。
ただ、そんな目先のお金でホイホイ釣られるようなオトコにはなりたくない!そんな気持ちが強かったのかもしれない。そして決定的だったのは、当時の社長の批判をして自分の会社を良く見せようとしている節があったコトかな・・

人は誰でも一長一短で、長けていることもあれば、劣っている部分もある。だからこそ人間だし、だからこそ親近感や愛着が湧くもの。

人を悪く言って、自分の立場を良く見せようとする姿勢に共感出来なかったコト。
そして自分が大好きで信じている社長を悪く言われ何も言えなかった自分がスゴく悔しくも、情けなくもあった。

絶対に見返してやる・・

そんな想いもあったのかな。。
お金は生活していく上で欠かせないものだし、誰だって少ないより多く稼げる方がいいだろう。まだ僕がこんなコトいうのも現実味は無いけど、お金を追うと、ずーっとお金ばかりを追わなきゃいけない人生になるような気がする。

お金で釣られるコトも無いし、お金で釣るコトもしたくない。
志し・・なんて言うとちょっとくさいけど、でもそんな目指すべきものを共有しているからこその仲間でありたいと想う。これは付き合って頂いている仲間もそうだし、一緒に働いてくれている仲間にも同じように想う。

でさ、結果お金がついてくればいいじゃん・・みたいな、ね♪
[PR]
by kojiro_okinawa | 2010-11-05 17:23 | ひとりごと・・