ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

救急車その後

今回はひどく呼吸が出来ず、言葉さえ喋れない・・・

手術とか、入院とかだったらどーしよー

そんなんばかりが気になるも、言葉に出来ないもどかしさって辛いのね。。


病院に到着後、移動式のレントゲンで緊急を要するかどうかのチェック。

海パンしか身につけていない僕に、熟練ナースは必死に脱がそうとするが、、抵抗する言葉が出てこない。。。


しかも、またまた明らかに研修医やろ!?的な看護婦さんが点滴をしようとしているけど、、血管探しに苦労してて・・


去年の11月の悪夢の病院が蘇る。。。


案の定刺し違えること数回・・

熟練ナースに変わるも、間違える事数回・・・


胸の痛みより、そっちがイテェよ!!!!


声にならない声を絞り出し・・




『点滴・・ま、まじに痛いっす・・・も、もう、、イイから止めて』



あたふたナースもこの言葉には力強く・・




『我慢しなさい!!!』




いや、じゃ、、もっと上手に刺してちょーだいよ。。。



その後レントゲンや、CT、、エコーに移動するもドコもかしこも若いお医者さんばかり!?



いや、若手が伸びた方が、、日本の未来的にはいいんだけどね・・・



分かるんだよ・・


でも、ちょっと対応とか、やり取りとか、、結局2度しなきゃいけなくって・・・



そりゃ重度の患者さんじゃ経験とか、そんな悠長なコト言ってらんねぇのわかるんだけどね。。。




通りすがりに・・・





『男の人?女の人・・??わかんないね・・・』




とか、モロ聞こえてるんスけど。。




主治医も若い女医さんだけど、やっぱお医者さんってだけで、、堂々としてて、、、年齢とかそーゆーんじゃないな、、、って感じさせてもらえて少し安心♪




やっぱり入院とか言われたけど、イロイロと忙しいじゃないですか?




そりゃ無理な訳で、無理矢理帰らせてもらいました。



最後に・・・・




『自己責任でお願いしますね♪』




って笑顔で見送られ・・・




意外と元気にお仕事こなしてます、ハイ♪
[PR]
by kojiro_okinawa | 2008-07-30 19:40 | ひとりごと・・