ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

選択肢

c0132571_17424960.jpg

何かとドタバタし、何かとイロイロ、いやホントイロイロあるんです。

それでも確実に変化し、半歩づつでも前進していればそれでイイのです。


僕がこの仕事を選んだ理由は・・


髪を触るのが好きだから・・
女性にもてたいから・・
ファッションが好きだから・・


いやね、全然違うんです。

【人】が好きだからなんです。



当時高校生だった僕は、隣の市まで電車を乗り継ぎ、、初めての美容室デビューをしたわけ。


でね、今まで床屋だったわけで、、そりゃすげー緊張するわけですよ。

ましてや、当時は無口(今そうじゃないのはある程度自覚してます、ハイ。。)だったわけ・・



たまたま担当してくれた女性は僕より年が3つ離れていて、ちょっとだけ将来について話をして帰ったんです。



その2日後・・・



3枚びっちりの手紙が届いたんです!?


中身はというと、僕が少しだけ話したことに対して真剣に悩んで、真剣に向き合って手紙を書いてくれたのが分かるような内容だった。




なんだこの人!!??




って戸惑いと、自分が2つくらいの選択肢しかなかったのに、3つにも4つにも選択肢がイキナリ増えたんです・・その手紙のせいで。。。




あぁぁ~人ってこーやって自分の見方や考え方変わると、行動も変われるんだなぁぁ~ってガラガラと自分の中の何かが音をたてて崩れたような気分になった。




そして、それがきっかけでこの世界に入ることを決意し、、この仕事を通しお客さんや、、、かかわる人たちの【選択肢】を増やしてあげれるような大人になるんだ!!って決意したんだなぁ~




それはね、今でも変わらないし、そー想っているんだけど、、ふとね・・・




それでいいのか?と想うことがある。




今のこの世の中に選択肢が多すぎて、結局何も出来ず、、何もやらず、、、って人がね以外に多いわけですよ。



逆に選択肢が狭まり、【これしかない!】って覚悟を決めた人たちが引っ張っているような気さえする。




今日もお客様とそんな類の話・・




オールマイティで、出来のイイお姉ちゃんは進路を決めれず、、出席日数が足らず希望の進学への道が閉ざされたおかげで覚悟を決めて一直線に努力する弟。。。




いやね、マジでね、、何がいいの??




我慢っつうか、忍耐っつうか、、そーゆー時代の方がいろんな意味で良かったんじゃないかとさえ思えてしまう・・・




与えられる選択しより、与える側になりつつある今・・





いやぁ~難しいっす・・選択肢って。。。
[PR]
by kojiro_okinawa | 2008-09-03 19:30 | ひとりごと・・