ανεμοζ τεραζ ~アネモステラス~ 

長生き

べんり屋の続き・・・

前もって予約の電話をしていたものの、席は満席でして。。

どーしようかなぁって想っていると、車椅子の「おじぃ」と元気な「おばぁ」と同席させてもらうことに。


それがね


ちょー元気がいいの!

おじぃは86歳、おばぁは72歳・・・

「何歳に見える?」

そんな飲み屋のようなテンションで始まった酒盛り?は、お互いの素性を少しづつ明かしながら、ココロを許していく。。


仙台に住む二人は、少しでもおじぃを長生きさせるために、寒い冬は暖かい国へ行っていたらしい。

でもさ、飛行機の長時間の移動も大変な訳で・・・

ここ数年は冬の沖縄に訪れているというのだ。



この「べんり屋」は意外と近所とはいえ、なかなか出逢うものでもない。

わぃの場合は、ネットやお客様からの情報だったりするわけで・・・


そんなモノとは無縁の、おじぃとおばぁは、自分たちの足で探し、、ここ「べんり屋」に出逢う。


この場所を探すきっかけは違うにしても、こうして一緒に飲みながら話が出来るのって、、なんか素敵なコトやと想う。。


口数少ないおじぃを想ってか・・


よく喋るおばぁ


でね、結構毒吐くわけ・・・



それでも涙も誘うわけ・・・・




「このおじぃをいつまで生かしておこうね~」

「もういつ死んでもおかしくないから、少しでも長く生きていてもらうために私も頑張っているわけ」


「でさ、実際死んじゃうと私もすることないし、寂しいし・・・」




「私も死のうと想うの・・」


「どうやって死んだらいいかしら・・・」


ってね、元気に笑いながら話すんだ。


それが、やけに微笑ましくって、、すんげー愛情を感じて、、、涙が出てきた。。。


色んなニュースで、荒んでいる家族の状況が日々伝えらているけど、、こんな夫婦もいんだよ!


そして


おばぁは続けて語り続ける。。


「あんたたち、いつまでも親が生きてるって想うでしょ!?」

「だからね、少しでも私たちは長生きするの・・」

「だって、私もそう想っていたんだから・・・」





座間味までホエールウォッチングに行ったけど、見えなかったらしい。


だからね


来週一緒にホエールウォッチングに行く約束をしたんだ。



こんな素敵な歳をとるべきだし、取っていきたいと切に想えた貴重な時間・・・
c0132571_185268.jpg

[PR]
by kojiro_okinawa | 2008-02-18 01:09 | 出逢い